見習うべき雑誌がある

携帯絵お操作する男性

本離れは何も文学やビジネス書だけに言われていることではありません。雑誌さえも読まない人が増えているんです。それが証拠に、多くの雑誌が廃刊に追い込まれています。その中には、誰もが知るような有名な雑誌もあるほどなんです。
今後も雑誌にとって苦しい状況は続いていくでしょう。それは、インターネットが普及している時代においては仕方のないことなのかもしれません。今は何を調べるにもインターネットで済んでしまいます。お金を出して購入する理由がなくなってしまっているんです。
この時代を雑誌が乗り越えていくためには、裏モノJAPANを参考しなくてはなりません。裏モノJAPANの人気はこの時代であっても安定しています。発行部数を落とすことがないんです。好調を続けている理由は、インターネットで調べることができない情報を掲載しているからです。
これまで廃刊に追い込まれてしまった雑誌の多くが、インターネットで代替がきくものでした。ですが、裏モノJAPANはそういったわけにはいきません。裏モノJAPANに掲載されていることは、インターネットでどれだけ調べても得ることができない情報だからです。
このように、雑誌にとって厳しい時代を生き抜いていくためには、インターネットとの差別化が必要です。独自の路線で取材を続けていかなければならないんです。ピンチを迎えている雑誌は裏モノJAPANを参考にして路線変更をしていくようにしましょう。